MENU

ビタミンC誘導体がもたらしくれるニキビ跡への効果について

 

「ビタミンC誘導体」がニキビ跡にイイ!
ってよく聞くけど、具体的にどんな効果があってどういいのかイマイチわかりません。


 

 

 

なるほど!
それでは、ビタミンC誘導体がいったいどんな力を持っているのか、解説していきますね!


 

ビタミンC誘導体がもたらしくてれる効果

  • 活性酸素を抑える抗酸化作用
  • メラニン色素の発生を抑制する作用
  • できてしまったメラニンを還元する作用
  • 新陳代謝を促す作用
  • 皮脂分泌を抑える作用
  • コラーゲンの生成を促進する作用

 

ビタミンC誘導体にはこれらの効果があります。
これらの作用がどうしてニキビ跡の改善に役立つのか、解説していきますね。

 

1.活性酸素を抑える抗酸化作用

ニキビ跡が色素沈着してしまう原因」についてまとめたページでも解説しましたが、ニキビ跡ができる原因の1つにニキビの炎症をなんとかしようと分泌される「活性酵素」という物質が関係しています。この活性酵素は、ニキビの原因であるアクネ菌をやっつけようとしてくれるだけならいいんだけど、お肌にまで攻撃をしてしまうというちょっと残念な特徴があるんです。ビタミンC誘導体はその活性酵素の働きを抑制してくれる抗酸化作用があるので、ニキビ跡のケアに役立ってくれるんです。

 

2.メラニン色素の発生を抑制する作用

活性酵素がメラニンを排出する「メラノサイト」というところを刺激して、ニキビ跡の原因になるメラニ色素を発生させようとしても、そのメラニン色素の発生をビタミンC誘導体は抑制しようと働いてくれるのでニキビ跡を作らせない大きな役目を担ってくれているんです。

 

3.できてしまったメラニンを還元する作用

メラニン色素を発生させてしまったとしても、ビタミンC誘導体にはそのメラニン色素を還元(もとに戻そうとする)する作用があるので、ニキビ跡を薄くしてくれる作用があります。

 

4.新陳代謝を促す作用

ニキビ跡を薄くするには、ターンオーバーのサイクルにのっかって古い角質を外へ外へ排出することがとっても大事!ターンーバーのサイクルを正常にするためには新陳代謝を活発にしておかなくてはいけないけれど、ビタミンC誘導体にはお肌の新陳代謝を促してくれる作用があるため、ニキビ跡ケアには必須なんです。

 

5.皮脂分泌を抑える作用

ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌量をコントロールしてくれる作用もあります。
この効果はニキビ跡に対して直接的な働きはないけれど、過剰の皮脂分泌は毛穴をつまらせ、ニキビをつくらせてしまう原因に。その原因を減らすことができるという意味で、ビタミンC誘導体が活躍してくれます。

 

6.コラーゲンの生成を促進する作用

ニキビ跡を外へ排出するためのお肌の入れ替え作業であるターンオーバーは、お肌が乾燥していたりするとスムーズに行われなくなります。ビタミンC誘導体には、お肌の乾燥を防いでくれるコラーゲンの生成を促進するという作用もあるので、ニキビ跡を排出するために大事な部分を影でサポートしてくれているんです。

 

 

 

【注意】ビタミンC誘導体にも色んな種類があります!

 

へぇー!!
ビタミンC誘導体ってこんな効果があったんだ!
だからニキビ跡のケアに向いてるってことなんですね。納得できました!早速市販で買えるビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液を使ってニキビ跡のケアをスタートさせてみます!


 

ちょっと待って!!
「ビタミンC誘導体」ってひとことでいっても、実は色々なタイプのビタミンC誘導体があるんです。
中には、ニキビ跡への効果が弱いビタミンC誘導体もあるので、それぞれのビタミンC誘導体の特徴を知っとく必要がありますよ!!


 

チェック!!
ビタミンC誘導体がもたらしてくれる効果について解説しましたが、その効果を最大限に発揮してくれるビタミンC誘導体とそうじゃない誘導体があるということを知っておいてください!!

 

 

 

えっ!!
ニキビ跡に効かないビタミンC誘導体もあるの!?
じゃあどんなビタミンC誘導体を使えばいいの?


 

 

 

ビタミンC誘導体の種類と、ニキビ跡のケアに最適なビタミンC誘導体については、こちらの「ビタミンC誘導体の種類とニキビ跡のケアに向いているビタミンC誘導体」のページで解説しているので、そちらをチェックしてみてください。