MENU

ニキビ跡が色素沈着して「シミ」みたいになってしまう原因とは?

 

 

ニキビ跡ってどうして最後にはシミみたいになってしまうの?
せっかくニキビが治ったのにこれじゃ全然素肌に自信がもてない…


…こんな風に悩んでいる人、きっと多いと思います。
このページでは、どうしてニキビがシミみたいに色素沈着してしまうのか?どうすればシミみたいに色素沈着させなくて済むのか?また、色素沈着してシミみたいになってしまったニキビ跡はどうすれば改善させることができるのか?についてできるだけ簡単に解説しています。原因を知ることは改善への1歩をスタートさせることにつながります!ニキビがシミみたいになってしまって悩んでいる人は是非参考に役立ててみてください。

 

ニキビ跡がシミみたいに色素沈着してしまう原因

ものすごく簡単に解説すると、ニキビ跡がシミみたいになってしまっている状態というのは、肌の外に排出されずに残ってしまったメラニンの色がそのままニキビ跡(シミ)として肌表面に残ってしまっている状態のことをいいます。

 

 

 

 

排出されずに残ってしまったメラニンの色がシミの正体!?
…ん?でもどうしてそもそもメラニンが発生しちゃうの?紫外線を浴びたわけでもないのに!


 

すこしややこしい解説になりますが、ニキビの炎症が長引くとニキビの原因である「アクネ菌」というのをやっつけようと、体が「活性酵素」というのを分泌するんです。で、この活性酵素はアクネ菌をやっつけてくれるだけならいいけど、同時にお肌にまで攻撃してしまうというちょっと厄介な特徴があるんです。すると今度は、その活性酵素からお肌を守ろうとするホルモンがシミの元になる「メラノサイト」という部分を刺激してしまうせいで「メラニン」を大量に発生させてしまう。結果その大量に発生したメラニンがうまく外に排出できないため、ニキビ跡(シミ)として色素沈着してしまうっということ。

 

 

要は、ニキビの炎症を長引かせてしまうコトがことの発端ということです。
できてしまったニキビは早く治すことがニキビ跡を作らせない大事なターニングポイントになる!ということですね!


補足
できてしまったニキビを早く治すのにはVC200が配合されたシーボディのVCシリーズがおすすめです。

 

 

 

なるほど。
ニキビを長引かせなければニキビ跡にもならないってことかー。
でも先生、すでにニキビ跡がシミみたいになりつつあるですけど、そういう場合はどういうケアをしたら改善されていきますか?何か方法はありますか?


シミみたいになりつつあるニキビ跡を消す方法

出来てしまったニキビを早く治すのがまず第一ですが、炎症が長引き見事にニキビ跡としてお肌に残ってしまった場合、さらに特別なケアをしてこず、シミに変化しつつあるタイプのニキビ跡でも、時間は少しかかりますが、自力のケアでコンシーラーがいらなくなるくらいのレベルにまでは改善できる可能性は十分あります。
その方法をいくつか紹介していきますね。

 

 

あなたを悩ませている色素沈着したニキビ跡は、どのタイプのニキビ跡ですか?
それぞれに提案できる改善方法が違ってくるので、あなたのニキビ跡の状態と1番近い状態のニキビ跡を選んでみてください。


 

あなたを悩ますそのニキビ跡

どのタイプのニキビ跡?

 

該当箇所をクリックすると、それぞれのニキビ跡に適した改善方法が見れるようになっています。

 

 

 

私はニキビ跡がだんだん赤色から赤紫色に変わってきてるから…「1」をクリックってことか。
改善方法、みてみよっと。